2020/02/24

競技者とパフォーマーとの違い

こんにちは!スタジヴィセオのKASHI(かし)です。

 

今回は、私が考える『競技者とプロパフォーマーとの違い』についてです。

当然のことですが、技が上手だからプロパフォーマーにすぐになれる、とは限りません。

 

そもそも、競技とパフォーマンスの違いはなんでしょうか。

 

答えは、『お客様』がいるかどうか、です。

パフォーマンスは『他人(お客様)を楽しませるために行う身体表現』の一種です。

 

競技は、『技の完成度』のみに着目しており、勝ち負けがはっきりした点数が付きます。

パフォーマンスは、『お客様が感動できたか?楽しめたか?』これが全てです。

 

そのため、技の完成度が必ずしもパフォーマンス力が比例しない、ということが言えるのかもしれません。

 

また、競技の場合は、

競技者のために、より安全で100パーセントの技術が発揮される環境が用意されます。

 

しかし、パフォーマンスは違います。

床がアスファルトであったり、煙(スモーク)や照明があったり、競技とは真逆の悪環境で危険な技を披露することも多くあります。

 

これらは大前提として『お客様を楽しませる』という部分が最も重要であるからで、

個が行う技の完成度よりも、全体が作り出す『』を提供している、ということがわかります。

 

競技者からパフォーマーになる方は、自分自身を磨く、ライバルに勝つ、この意識から、

『お客様を楽しませる』という意識をプラスして持たなければいけないのです。

 

そのためには、使う楽曲を考えたり、演出を入れたり、衣装を考えたり、

競技とは違った様々な『魅せ方』の意識が必要になります。

 

また、プロのパフォーマーとしてステージに立つ、ということは、

怪我や病気といった健康管理も、自己責任の枠を超え、団体責任に変わります。

出演者として、絶対に穴を空けてはいけない、という大きな責任を伴う環境にも変わるということです。

 

スタジオヴィセオの講師は、今も現役で活躍しているプロパフォーマーが多く在籍しております。

 

競技者としての『技』だけに留まらず、

今回書かせて頂いたようなパフォーマーとしての様々な技術(魅せ方)や知識を知れる場所かもしれません。

 

様々な経験、エピソードが聞けるかと思います。

興味がありましたら、是非聞いてみてください(^^)/

 

 

 

スタジオヴィセオ

TRIANGLE CONNECTION KASHI(かし)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
studio VICEO

住所:東京都世田谷区
用賀3-12-19 マド・ビルB1F
TEL:03-5797-9984
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇